ただし、離婚をご決断なさる前に

 

ただし、離婚をご決断なさる前に、ご夫妻にご検討をいただくべきことがあります。

 

それは、「真に離婚の御意思を固めていらっしゃるか」、ということです。

 

もし、離婚をなさったとき。申し上げるまでもないですが、今後は、御主人も奥様も、基本的にはそれぞれの御責任において、それぞれの人生をお歩みにならなければならなくなります。

 

その際の御主人、奥様、そして、お子様の精神面・経済面でのデメリットを十分ご夫妻を中心にご理解いただき、なおかつ、その御覚悟をいただく必要があります。

 

もし、夫婦関係のご修復に少しでもご期待なさるのであれば、夫婦関係修復のコンサルタントによるアドバイスに基づいた夫婦関係修復のための実践や、家庭裁判所での「夫婦関係調整調停(円満)」も考えられます。

 

しかし、それに対しまして、離婚のデメリットを考えたとしても、離婚のご意思が御夫婦間において御固い場合には、円満かつ不備のない協議離婚のため、私が、ご一緒にしっかり取り組ませていただきます。